ついついタオルにこだわっちゃうんです
2018年2月3日

タオルでハンドメイドを楽しむ

私たちにとって日常生活の必需品であるタオルですが、それを材料としてハンドメイドを楽しんでいる方も多いようです。

吸水性がよく生地も丈夫なタオルは、様々な用途に生まれ変わることが可能です。今回は、材料としてのその活用法をお話しします。最もポピュラーな利用法は、使い込んだ古いタオルを折りたたんで縫い、雑巾として再利用することでしょう。最近では雑巾は雑巾として販売していますが、古いものを適当に縫うだけで十分その役割を果たしますし、使い古したものの方が吸水性もよく毛羽立ちが少ないので、むしろ掃除に向いていると言うことができます。

フェイスタオルを折りたたんで袋状に縫い、ナイトキャップやバスキャップにしている方もいます。ほどよく暖かみがあり、綿100パーセントの通気性と吸水性は、髪の水分を拭き取るのにも最適です。お子様のスイミングスクール後に被っている姿も、よく見受けられます。大判のバスタオルを使い、ジムやプール用の身体に巻けるタイプにリメイクしたり、お風呂上がり用のリラックスウェアを作り上げる方法もあります。どちらも、その大きさと吸水性は、他の素材や布ではなかなか真似ができない、良い仕事をしてくれると評判です。

素材の特性を活かし、様々な形で再利用されている様子がお分かり頂けたでしょうか。身近な素材で楽しめるこの方法は、生活に役立つ知恵が満載です。このほかにも色々なハンドメイドの楽しみがありますので、ぜひ日常の中に取り入れてみてください。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *