ついついタオルにこだわっちゃうんです
2017年11月21日

バスタオルの干し方にもいろいろあります

毎日使うバスタオルは清潔で気持ちのよい状態を保ちたいですが、何となく洗濯して干しているだけだと、乾いた時の手触りがごわごわとしてしまう事もよくあります。

乾かそうとして長く干し続けると雑菌が繁殖して嫌なニオイが出てくる事もあれば、晴れた日だからとたくさん洗濯したものの思ったような仕上がりにならないこともあるほどです。バスタオルを少しでも早く乾かしつつそれでいてふんわりとした状態に乾かすために、いろんな干し方を試してあった方法を見つけましょう。

干すための道具もたくさんありますが、物干し竿だけでなくピンチハンガーやハンガーなども組み合わせてみましょう。枚数が多くなると畳むのも大変になってくるので、そのときにはハンガーにかけておくと乾いた後に取り込んですぐに畳めるので楽ちんです。ピンチハンガーは適度な空間を保ちながら干す事ができるので乾かしやすいですから、他の洗濯物の量に応じて使い分けると良いでしょう。干す場所についても気にかけてみましょう。

日当たりのいいところに干せば早く乾きそうだと思えるものですが、意外に直射日光はよくありません。風通しがよくなるべく日陰の場所を探して干すことをおすすめします。湿気の多い時期などは乾燥させるのも一苦労ですが、バスタオルを手早く乾燥させるために除湿機や換気扇、扇風機なども併用するようにすると乾きやすいです。乾かしやすい場所や天候など、住まいの環境に合わせて干して使いましょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *