ついついタオルにこだわっちゃうんです
2017年11月15日

バスタオルが汗臭い時

毎日使っていると、お気に入りのバスタオルだったとしても段々水分を吸って手触りも落ちてきます。

洗濯を綺麗にして柔軟剤を使っていても、長く使っているとどうしても気になるニオイというのを感じることが増えてきます。汗臭さなども気になってくると、使う前に臭さが取れているかどうか少し緊張する事もあるでしょう。バスタオルは全身の水分を拭き取ります。汗なども当然付くのですが、汗には皮脂やたんぱく質などの様々な成分も含まれています。

それらは雑菌の好む性質のものばかりですから、しっかりと汚れが落ちていないと菌が繁殖してニオイが発生してしまうのです。毎日頑張って洗濯をしていると、自分のやり方が悪いのかと悩んでしまうかもしれませんが、そんな時には酸素系漂白剤の力を借りましょう。まずは普段と同じように洗濯をしてバスタオルの汚れを落としましょう。それが済んだら約50度程の熱すぎないお湯を用意して、その中にニオイが気になるタオルを投入して浸け置きしておきます。お湯が冷めるまでしっかりとつけておくとより効果を発揮してくれます。

最低でも1時間はつけておくようにして下さい。浸け置きが終わればいつもと同じように洗濯をしましょう。購入した時はふんわりと柔らかで匂いも気になりません。長く使えば汚れだけでなく気になるニオイも発生しやすいですから、たまにはいつもの洗濯にひと手間を加えて、使いごこちのいい状態を保っていきましょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *