ついついタオルにこだわっちゃうんです
2017年10月9日

愛媛県今治市の「今治タオル」は極上品質のタオル

四国4県の1つ、「愛媛県」と言えば何を連想するでしょうか。

多くの人が「みかん」を1番に思い描くのではないでしょうか。それから夏目漱石の「坊っちゃん」の舞台とか、俳句の正岡子規とか、県庁所在地であり城下町であった松山市などが挙げられるのではないでしょうか。それからもう1つ、大事な存在の物があります。それが「今治タオル」です。

今治タオルの「今治」は愛媛県にある今治市に由来しているのですが、タオル産業が盛えた理由の1つにタオル作りに利用した水がキレイだったということがあります。近くに位置している川や、山からの地下水などはタオル作りに適している軟水です。

そして100年以上続く伝統ある技術と、進化した最新の技術が合わさって、今治タオルは最高峰のタオルの1つだという評価に繋がっています。今や、今治市は国内で最大規模のタオル生産地であり、その品質の良さについては疑う余地がありません。

この今治タオルが愛されている理由は、その洗練された使い心地の良さです。今の時代に合わせたような奇抜なデザインを用いているだとか、オシャレなデザインを考案しているなどは皆無です。シンプルイズベストで、タオル本来の目的を今も昔も最大限に追求しています。

しかし、そのシンプルイズベストで品質を追求した今治タオルというブランドは、確かな地位を確立して、その使い心地が認められたことで、シンプルだけれども「オシャレなタオル」ということにもなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です