ついついタオルにこだわっちゃうんです
2017年9月30日

今治タオルが他のタオルと違う点

今治タオルは四国愛媛県の北部で、伝統的に作られてきたタオルです。国内の中でも最大規模のタオル産地として有名となっています。

120年の歴史が織りなす伝統的な製造技術もさることながら、最新の技術も相まって、とても使い心地が良いタオルになっています。一般的に使われているとタオルをイメージされる方が多いと思いますが、ファッションとして用いられることもありますし、インテリアとしても利用されることがありますので、非常に価値のある、バラエティーに富んだタオルだということができます。

また本来のタオルの良さ、つまりとても肌触りの良さなど、何度使っても飽きることのないやさしい仕上がりは、今治タオルの特徴だといえるでしょう。それには秘密があります。

実はこの産地に特徴があるからです。高縄山系を源流とする川の水や、その地からわき出る地下水などが非常に晒しや染め物にあった良質な水であったことや、しかもその周りには良質な水が豊富にあったことから、上質なタオルができ上がったと言われています。

今治タオルが繊細でやわらかい感じを受けることができるのも、また鮮やかな色を表現できるのもこの地ならではだといえるでしょう。今治タオルを作り上げたのは、技術もさることながら、まさしくこの水の資源が素晴らしかったからだと言えます。

素晴らしい水が上質な生地を作り上げて、それを職人たちが丹精をこめて作るからこそ、素晴らしい作品が出来上がります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *