ついついタオルにこだわっちゃうんです
2017年9月30日

ブランド化により大きな成長を遂げた今治タオル

愛媛県の今治市というと、何を連想されるでしょうか。

現在、多くの人が今治タオルを連弄されるのではないでしょうか。それほど、今治タオルは知名度を上げ、肌触りの良い高級タオルの代名詞となるまで成長してきました。しかし、ここまで来るには非常にたくさんの困難を乗り越えてきたことも事実です。

今治市は古くからのタオルの産地として有名でした。しかし、質はあまりよくなけれど安価な中国産のタオルが広く流通するようになり、今治市のタオル産業は存亡の危機に立たされていました。西暦2000年代に入ると倒産や廃業するメーカーが続出して、国にその産業保護を求めなければいけないほどの状況に陥ったのです。

しかし、国はそのような政策はとりませんでした。結局、これが今治タオルの復活の原点となったのです。2006年、国の補助金を受け、11もの検査項目をクリアして品質の高いタオルだけに、今治タオルの称号をつけ、品質を保証する証として統一されたブランドマークを使用することを開始しました。

当初はあまり注目されませんでしたが、その高い品質から徐々に知名度を上げ、東京の高級ホテルなどで使用されるようになるとその噂は瞬く間に全国に広がり、一気にその知名度を上げ、現在の地位を築いたのです。

今治タオルの歴史は、全国において同じようなこんなに直面している様々な産業にとって、自分たちの産業の良さをうまく利用してアピールすることで、大きな力を持つことを示したよい例として参考となっています。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *